夢のくるまコンテスト

夢のくるまコンテストとは

自動車産業が主要産業の一つである大府市は、子供たちにモノづくりの楽しさや喜びを発見してもらうために1994年より「夢のくるまコンテスト」を開催しています。このコンテストでは、大府市內の小學校5?6年生が夏休みの自由課題として描いた夢のくるまの中から優秀作品を選出します。

秋に開催される「大府市産業文化祭り」で『夢のくるまコンテスト』の表彰式が行われ、グランプリをはじめとする各賞が発表されます。上位受賞者には、子供たちの作品をもとに當社カーデザイナーが制作したレンダリング畫やモデラーが制作したモデルカーなどを副賞としてプレゼントしています。

また、このコンテストの事前學習として2011年から「未來のくるま學習」(授業)を開催しています。毎年6月~7月に、大府市內の全小學校の5年生を対象に、當社のカーデザイナーが講師となり、自動車産業やデザインの仕事についてお話しします。この授業を通じて、子供たちに自動車への興味と、モノづくりへの関心を高めてもらうとともに、コンテストに夢あふれる作品が集まることを応援しています。

  • 未來の
    くるま學習(7月?8月)
  • 夢のくるまの
    絵を描く(夏休みの
    自由課題)
  • 審査(9月)
  • 表彰式(11月上旬)
  • モデルカー
    の制作(?2月)
  • モデルカー
    贈呈式(2月中旬)

1未來のくるま學習(7月?8月)

今年度の 『未來のくるま學習』 は、コロナ禍の影響により當社からの講師派遣は中止し、授業用の教材資料を提供して各小學校で授業を実施する形式となりました。
7月上旬から8月中旬にかけて授業を実施した後に各小學校からいただいたアンケートでは、子どもたちが興味深く意欲的に授業を受け、モノづくりへの関心が高まった様子がうかがえました。

2夢のくるまの絵を描く(夏休みの自由課題)

今年は短い夏休みになりましたが、子どもたちは積極的に夢のくるまの絵を描き、大府市主催の 「夢のくるまコンテスト」 に、865枚の作品が応募されました。

3審査( 9月)

(1次審査)
當社デザイン室による審査で応募作品総數865作品の中から約60作品に絞り込みました。
(2次審査)
大府市役所、教育委員會、當社による審査を行い、受賞作品が決まりました。

審査風景1
審査風景2

子どもたちが描いた夢のくるまの絵

當社デザイナーによるリファイン(レンダリング)畫像

審査の結果、グランプリ、準グランプリ、審査員特別賞(2作品)の夢のくるまの絵から、當社デザイナーがリファイン(レンダリング)畫像を制作しました。子供たちのイメージを反映させるため、子供たちへ直接ヒアリングも行いました。

グランプリ
大府小學校5年4組 西山 舞里乃さん 考案
『癒しのイルカー』

準グランプリ
石ヶ瀬小學校5年1組 服部 蒼大さん 考案
『スポーツCAR』

審査員特別賞 ~笑顔があふれるで賞~
石ヶ瀬小學校5年3組 永田 晴楓さん 考案
『スマイルミュージックカー』

審査員特別賞 ~こりゃ楽しいで賞~
石ヶ瀬小學校6年1組 冨田 祐希さん 考案
『キャンプでも行きませんCAR』

4表彰式 (11月上旬)

11月9日(月)、大府市役所で「第27回夢のくるまコンテスト」の表彰式が開催されました。
當社からは、グランプリ、準グランプリ、審査員特別賞(2作品)の受賞者4名にレンダリング畫と記念盾を、佳作(10作品)受賞者には図書カードを贈呈いたしました。また、今治タオルブランドと提攜した當社オリジナルのタオルハンカチを受賞者全員に贈呈いたしました。
今後、グランプリ、準グランプリの受賞者2名には、子供たちが描いた作品をもとに制作したモデルカーをプレゼントする予定です。